ババブロⅡ

ババァのブログだから、略して「ババブロ」。メインブログは、音楽に特化。こちらは、日々思うことなどの備忘録です。

スポンサーリンク

銭湯アイドルグループのあの人の一連のことを見て、思ったこと。

f:id:scene45:20190111183725p:plain

どっちのブログにしようか迷った(;^ω^)
特にお気に入りでもないし、DVの内容を書きたいので
こちらにいたします。


先日の紅白歌合戦にて、初出場のスーパー銭湯
回って営業活動をされていたグループ「純烈」の
この頃の週刊文春より、あのスクープについてです。

bunshun.jp

私自身、この純烈というグループ自体が全く分からない上に
普段ゴシップは、あまり興味が無いのですが
何故、取り上げたかなんですよ。

話題になった友井雄亮さんがね…なんですよ。意味が解らんわってw
とにかく、以下をお読みいただければ判ります。

オフィシャルサイトに、アクセスしてみたけど
現在は、弾かれてしまいました(;^ω^)

 

 

この前の紅白で、知ったばかりです。

このグループは、先日の紅白歌合戦にて知りました。
それまでは、一切存在すら分からずに
母と二人で見ていました。

 

ウチの母は、70代後半。この純烈というグループの
メインターゲット(ファン層)は、どのくらいの世代なのかも
私は全く知りません。ウチの母くらいがメインですかね?
お若いファンの方も、いらっしゃるのかな?

 

純烈とは?

全然判ってないので、調べました。

純烈(じゅんれつ)は、日本の4人組男性歌謡
コーラス・グループである。G-STAR.PRO所属。

グループ名には「純粋であり、かつ強く正しく節操や分別がある」
「志を変えずに最後まで貫く」という意味が込められている。
「親孝行、紅白歌合戦出場、全国47都道府県で唄うこと」を
結成以来の目標として掲げている。

 

純烈 - Wikipedia より引用。

 ウチの母は、(;^ω^)←こんな微妙な顔して見てました。
あの紅白のシーンを見てて、抵抗を感じたようだったな。

スーパー銭湯で、大きなステージがあるところだと
そういう劇とか、ショーみたいなのをされることもあるのは
知ってます。

そういうところで、ショーをやって細々と活動されていたんですね。


調べたところ、全員アラフォーくらいなのかな?純烈メンバーは。
曲も聴いてみました。

youtu.be

演歌ではないな…歌謡曲のカテゴリーですよね。

リスナーターゲットは、ご年配の方が
多そうですが、グループ自体がまだ若いのでお若い方も
リスナーとしていらっしゃると思います。

私の普段聴く音楽が…J-POPや、洋楽のPOPSや
ROCKが多いので、非常に新鮮な感じです。
こういう世界もあるんだなというのが、素直な感想。

 

スポンサーリンク

友井さんの記者会見を見てて…

YouTube産経新聞のアカウントにて、記者会見の
動画を見てきましたが、私はまともに彼の顔を見ることが
1分くらいしか出来なかった。

あとは、音声のみで聴いてました。何故なら…

 

やっぱり、何か恐いんですよ。
以前付き合った彼氏に、顔の系統が似ていたから。
それが、今回取り上げた理由です。

友井さんほどではないものの、その彼氏は
モラハラ気質だったから。(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 

過去のことを、思い出した。

デートしてても、彼にくっつくことが

日が経っても出来なくて、触れるのも怖かった思い出がありました。

だけど、彼の方は私と手を繋ぎたがる。

過去にDVや、モラハラされた被害者は
よく覚えておきましょう。友井さんのような顔の系統は
本当に要注意です。目と口元を、よーーく見てください。
いくらイケメンでも、口が上手くても恋に落ちたら
一番危険なタイプ。

youtu.be

↑期間限定で、埋め込みます。ある程度日にちが過ぎたら
差し替えます。

こういう人がタイプで、一目惚れでどうしようないくらい
好きだから放っといて!!ソウルメイトかも知れない♡
…と、言うなら止めません。
ただ、その際には自分の命は守ってください。

モラハラや、DVは依存から来る。

友井さんが、どういうご家庭の育ちだったのかは
私は知りません。

モラハラやDV気質の人は、依存心が強い。
そして、気の小ささの裏返しなのです。
だから、暴力をして「自分には力がある。」と誇大してないと
プライドが保てないのですよ。
DVもモラハラもだけど、体と心の暴力。
加害者に、一切罪の意識が無いのがイジメと同じだね。


相手を愛しているんじゃなく、自分のプライドのために
依存しているって感じですかね。

そのためにも、自分よりも弱い人を見つけるのに
非常に長けてます。

だけど、そういう人に限って凄く外面がいい。
しかも、口が非常に上手い人が多い。

f:id:scene45:20181210213124p:plain

女性を口説くのも、上手なのです。
相手を洗脳することにも、長けている。

「何でそんなヤツと付き合って、別れないの?」と、
当事者である人以外の人は、不思議に思うのでしょう。

しかし、本人は相手に洗脳されているので
相手から逃れられないし、逃げようとも思いません。
たまに、謝って優しくなったりするからね。

「私が居ないと、彼はダメになるの。」と。
その被害者も、相手に依存しだす。

 

所謂、共依存ってヤツですね。

 

スポンサーリンク

私は、どうやって別れたか。

あまりにも、上から目線な言葉が目に余り
しかも、プライドを傷つけるような酷い言葉の数々。

年齢的にも、厳しいし…(当時アラフォー)
私はそんなに男性にモテませんので、これを
逃したら、次は無いと思ってました。

だけど、我慢の限界が来てしまい
滅多にブチ切れない私が、本気でブチ切れました。

「そんなに嫌なら、もう触らないで!!」と、突き放しました。
「デートもしたくないなら、もう2度と来るな!」と、
メールで怒りをぶちまけました。

DV気質な人は下手したら、ストーカーになりかねないけど
そのリスクなど当時は気にせずに、思いの丈をぶちまけたわけです。

幸い、それで何とか別れられました。
暴言を散々吐かれたけど、自分が大事だと気づいてからと
いうもの、「負けてたまるか!!」と、強気一辺倒で。

ストーカーとかもありませんでしたけど、男性が暫く怖かった。

友井さんくらいのレベルになると、警察などの第三者の立ち入りが
必要ですね。普通に犯罪だもの。

だけど、警察はねぇ…現行犯ならまだしも…
場合によっては、当てにならないかも。
証拠を残すことだけは、しておいた方がいいですね。

 

締め。ギュッ。

結局、友井さんは引退されるようですね。
辞める辞めないは、本人のことなので
そこはね…私は何も言えません。自業自得ですから、同情もしません。

何だろ…紅白までここまで短期間で色々あった
芸能人の方も、過去には居たんですけど…

つくづく、芸能界の怖さを色々知っちゃって(;^ω^)
芸能人も色々居るけど、これは本当にヤバ過ぎる。
もう一つヤバイニュースあるようですが、あっちもね…
芸能界って、やっぱ怖い業界ですよ。

紅白歌合戦に出演することは、知名度を上げるには
非常に好都合なんだろうけど、週刊誌に目を付けられるなど
それだけリスクもあるので
何か過去にやってしまった人は、不向きな場なんだなって。

それもですが、芸能人一般人、男性女性関係ありません。
DV気質の人、モラハラ気質の人って本当に多い。

こういう気質は、一生治りません。
この話は、次回に続きます。