ババブロⅡ

ババァのブログだから、略して「ババブロ」。日々思うことなどの備忘録です。

スポンサーリンク

あれから10年、あれから5年。JR九州のCMを見て。

f:id:scene45:20210417213532j:plain

画像byすべて無料の写真素材 - フリー素材のぱくたそ

 

今、Twitterに障害が発生してますね。
PCで、TLが見られないことになってる。iPhoneのアプリは、普通にツイート
出来るようですけど(;^ω^)原因は何だろう??

今日は、JR九州のCMについてです。

 

あの震災の前にながれていたCM。

私は鉄ちゃん(鉄オタ)ではないんだが、このCMが好き。
見てて感動した方は、多いのでは?

youtu.be

「祝!九州」と題しまして、九州新幹線鹿児島から全線
開通をお祝いするCM。
ただただ、線路沿いに人が集まって、それぞれ元気にお祝いしてる
ところを新幹線から撮影してます…みたいな感じなんだけど…


このCMが東日本大震災の発生により、お蔵入りになってしまった
事態になってしまったことは、よく知られております。
その大震災の翌日に、この新幹線が開通いたしました。

 

このCMを何回かYouTubeで見てるんだけど、何度見ても
泣けます。・゚・(ノ∀`)・゚・。

一体感と、心からの喜びが伝わるからかな✨
活気が感じられて素敵だよね。

 

先日で5年。

東日本大震災で、思い出しました。
14日夜に、震度7を観測した大きな地震熊本県中心に
発生した熊本地震から5年が経ちました。

こちらでも揺れがすごく、何度も揺れたのを覚えております。
あまりにも揺れが激しかったので、怖くて飛び出してお隣さんと
話し合って、「避難するなら一緒にしよう」って言ったことを
覚えてます。

結局は、そのまま収まったけど。

f:id:scene45:20190924223742p:plain

夜の地震だったので、あれは本当に怖かった。
これ以前に遭った伊予灘地震も、確か夜でした。
しかも、あれは夜中だったと思います。

地震って何が怖いって、予測できない上に
いつ発生するか分からないのも怖いところです。

 

スポンサーリンク

あれから、10年後のスペシャルムービー。

youtu.be

3月14日に、流れ星新幹線を走らせようということで
このスペシャルムービーをJR九州公式アカウントで公開してました。
ナレーションとかが、あの10年前のCMと同じ。

 

💡流れ星新幹線とは…

 

「流れ星新幹線」とは、九州新幹線(鹿児島ルート)全線開通10周年記念にJR九州

西日本シティ銀行、LINEFUKUOKAが企画し運行された特別列車。

使用車両は800系U004編成で、両先頭車に流れ星を
イメージラッピングを施している。
LINEにて事前に募集された8350点の願い事の中から、777点の願い事が選ばれ、

外装と車内ポスターに掲示された。

流れ星新幹線 (ながれぼししんかんせん)とは【ピクシブ百科事典】

より引用。 

 

JR九州さん、粋なことをしますなぁ。
10年前のCMがオススメで出てきて
見ていたら、このスペシャルムービーが出てきたわけですけど…
これは間近で見たら、すごかったんだろうなと
感じておりました。

こっちの方が、流れ星新幹線の様子がはっきり分かるかな。

youtu.be

FBS福岡放送のアカウントですが、すごく美しい✨

 

こんなCMや、スペシャルムービーが撮れるって
まだまだ日本という国も捨てたもんじゃないなって
思うんですよ。

今はコロナウイルスや、色々な問題に日本だけじゃなく
世界中が苦しい中にいて、心が折れること
ばかりですが…

 

自分にできることを探して…

時には、こういうのを見て何が大切なのかを
見直すのもいいよね…。

熊本地震も被害が半端なかった。熊本産の野菜とか
こちらにかなり流通してるんで、野菜や果物などを買って
応援しようというのは、今でもしてます。

出来ないこともあるけど、自分に何ができるのかを
探していくことも大事。

 

スポンサーリンク

締め。

この記事は、九州新幹線のCM及びスペシャルムービーを
紹介しました。
コロナとか、クレームばっかりの世の中で日本が疲れてるけど…
これ見てみんな元気出そうや✨って
ことをお送りいたしました。

 

10年前のCMも、今年のスペシャルムービーも
九州だけじゃなく、全国レベルで乗客だけじゃなく
元気を運んでくれたってことに感謝したい。

JR九州さん、九州新幹線開通10周年おめでとうございます。

 

コロナ前は、博多までライブに行くのによく新幹線を利用してました。
コロナ終息したら、行きたいところが沢山あります。
また、福岡に行きたいなぁ…と。思った筆者なのでした。