ババブロⅡ

ババァのブログだから、略して「ババブロ」。メインブログは、音楽に特化。こちらは、日々思うことなどの備忘録です。

スポンサーリンク

いじめられている人へ。元いじめられっ子より。

f:id:scene45:20181026191915p:plain

前のブログの記事を引っ張るようで、申し訳ない。
前のブログは、イジメに関することを中心の内容でした。
イジメに関することって、書いている私自身が辛くなっちゃったんです。

だから、イジメの内容をメインにするのを辞めました。

引く人が居るかも知れないので…
ここでは、イジメの内容は少しだけにしようかと思ってます。

(注)この記事は長文です。

幼稚園の頃から、いじめられました。

当時から、私は大人しいように見られておりまして
「コイツなら、何してもいいんだ。」って、思われてましたね。
いじめっ子は、そういうヤツを見分けるのに本当に長けているんですよ。


一言で言えば、いじめっ子は「悪知恵が働く」
それは、子供の時からそういう体質なんですね。

学校に行っても、クラス替えがあっても
いじめるヤツは、変わり代わりに出てきます。

私自身、子供の頃からリアルではコミュ力があまりありません。
ガチの人見知りで、幼稚園の頃は遊び友達は居たけど
学校に行き出してからは、あまり居ませんでした。

 

スポンサーリンク

子供のいじめで、いじめっ子の特徴は…
  • 家庭が上手く行ってない
  • 親がいじめ体質

などでしょうか。私をいじめる子は、要領が良くて
勉強も出来る子だったり、お金持ちの子だったんですが
今思ったら、彼ら彼女らはどう見ても親に愛されてないなど
家庭が上手くいってない子が、多かったように感じました。

 

先生に言っても、全然効果なしでした。
その時からですね、人を簡単に信用できなくなったのが。
だから、イジメに遭ったとしても先生は一切対応してくれません。

f:id:scene45:20181020192513p:plain


最悪、先生までイジメに加担します。
私の場合は、親に言っても「そんなの無視しなさい」と
一言だけしか言われませんでした。本当に、誰も信用できなかった。
暴力まで振るわれて、一切誰も庇ってくれません。

イジメは、犯罪です。やっていいことと、悪いことが
あるけど、イジメはやるものじゃない。

 

いじめっ子に対して、復讐はしてはいけません。

いじめられる方は、「いじめ後遺症」に悩んで後々精神まで病みます。
私もそうなりました。声が出ないし、人とコミュニケーションが
上手く取れなくて、孤立することも多かった。
だからといって、相手を恨んでもどうにもなりません。

何故、復讐をしてはいけないかなんです。
それらが、自分にいつかは返ってくるから。
それもありますが、一番の理由は…

いじめっ子は、イジメをしている感覚が一切ありません。
「いじめている」という気で、相手に接してないんですよ。
だから、いじめられっ子に対しても図々しく接することが出来るんです。
だから、恨んでも無駄なんです。

 

いじめっ子に何年か後に出会うなら…

出会いたくもないけど、もし出会ったとしたら貴方はどうしますか?
私なら知らない人を見る目で見て、そそくさと去りますね。

そう、いじめるヤツって結局は構って欲しいんですよ。
嫌いな相手は、普通は相手にしないか
大人なら、なるべく接触を図らないようにしますよね。

だけど、いじめるヤツは大人でもそうなんだけど
愛情に飢えているせいか、誰かに構って欲しいがために
嫌いなヤツですら、わざわざ接触して反応を楽しむ。
それで、ストレスを解消するんですよ。

 

大人でもイジメをする。

会社内で「お菓子はずし」などが、そうですね。私もあります。
特定の人にだけ、旅行などに行った際にお土産をあげないとか
そういう小さい嫌がらせすることを指すんですが…

そんな大人が居るから、イジメなんて無くなりませんわね。
増してや、日本の労働環境はキツイところが多い。
ストレス溜まって、イジメならまだしも犯罪に手を染めるヤツも
居ますからね。

そこまで行かなくても、輪の中から気に入らないヤツを
ハブることもする。

f:id:scene45:20181026205756p:plain

出世のことや、派閥争いなど徒党を組んだり
パワハラやセクハラ…

そんなことするくらいなら、仕事に集中すればいいのに…
自分の立ち位置が危ういからって、イジメて追い出すヤツは
どこにでも居ます。

 

スポンサーリンク

【メイン】いじめられっ子へ。

現在、イジメにあわれていると思われる方へ。
小学生~高校生のお子さんだと、学校って逃げ場がない。
あなたにとって、学校がすべてとおもう。

悪いのは、いじめるヤツ。あなたじゃない。

ただ、あなたは運が悪いだけなんだよ。

だけどあいつらは、いってもわからんのよ。
だから、にげるしかない。

学校を卒業したら、もっと広い世界がありますよ。
大人になったら、色んな人がいるからね。

わるいことだけじゃない。いいこともあるとしんじて
くださいね。

大人の貴方には…

大人の貴方は、可能ならその職場やママ友関係など
そこから逃げましょうや。
そんな大人げないヤツラ、相手にする価値ありますか?
私は無いと思いますよ。

 

締め。私は、こうやって乗り越えた。

好きなことをするんですよ。とにかく、自分の強みを持つこと。
私は、子供の頃は図書館で「ヘレン・ケラー」の伝記にドハマリしました。
私くらいの世代なら、お分かりかも知れませんが
「小学○年生」の雑誌に(付録?)ヘレン・ケラーの物語が載ってましたよね。
それがきっかけでした。

器楽部に入るなど、音楽に没頭したり、物語を書くのが好きでした。
お人形さん遊びで、色んなシチュエーションを
考えたりするのも好き。空想好きでした。

小学6年生の頃に自殺しようとした時、私はふと手を止めて
こう思いました。「待てよ…学校が今は全てだけど
大人になったら、もっと良いことあるかも知れないじゃん。」
そう思ったら、楽しくなって自殺を辞めました。

それまでも、イジメられて苦しい思いをしましたが
決して辛いことばっかりではなく、楽しいこともある。

元気が無い時は、お肉。

あと元気が無いときは、やはりお肉ね。
元気が無い時は、私はガーリック風味の鶏肉のから揚げを
自分で揚げて作ります。
から揚げ定食にして、ご飯を食べます。
から揚げじゃなくても、ハンバーグでもいいし
そこは、お好きな物でOKです。