ババブロⅡ

ババァのブログだから、略して「ババブロ」。メインブログは、音楽に特化。こちらは、日々思うことなどの備忘録です。

スポンサーリンク

「叱らない教育」って、果たして正しいのだろうか?

f:id:scene45:20200811134441p:plain

何年も前から、「叱らない子育て」とか言われてきてますが
子供が居ないヤツに、こんなこと言われたくねぇわ💢と
言われそうですが、今日はこの話題を書きます。

 私の世代は「スパルタ教育」だった。

…と、ひとくくりに言うなよって思われるかもですが。
私の家庭では、厳しかったですね。特に、母よりも私は
姉がひたすら怖かったです。怒鳴り散らすから。

学校も普通に体罰があった時代。

f:id:scene45:20200811140735p:plain
先生に、頭をしばかれたこともありました。

未だに、誰かに叱られる恥ずかしいババァですが(;^ω^)
この叱られるってのは、言われる方はダメージ受けるかも知れないけど
「叱られる」ってことは、有難いことなのです。

 

叱るということ。

昨日でも、桜井誠さんの生放送でリスナーが
「質問コーナーは設けるから」と、言ってるのに
しつこく、そのコーナーの時間じゃない時に質問をしてくるので
そのリスナーを叱った場面があった…ということを記事にUPしました。

whowatch.tv

www.youtube.com

桜井誠さんの生放送、実は既存政党のお偉いさんとか
マスコミ関係のお方まで、こっそり聴くほど人気が高いです。

…というわけで、宣伝でしたw 因みに、基本は毎日9時と19時に
放送中ですが、時々ご本人の都合で変わる場合があります。

さて、話を戻そう。

この叱るっていう行為は、悪いことなのでしょうか?
あまりにも度が過ぎて、ギャンギャン怒鳴り散らすのは
ただのその叱ってる人のストレス発散に過ぎません。

私の姉は、そこを間違っていたことが多々あったんだけど
怖すぎて、そこを指摘出来なかったんです(;^ω^)

叱るなら、相手のどこが間違っているかを指摘するのが
目的であって、間違っても感情に任せて怒鳴ればいいものではない。

 

 

増してや、「何故間違ってるのか?」を詳しく言わないと理解できない人が
今は非常に多いのです。

叱るという行為は、私は必要だと思ってます。
何故なら、それは相手に間違いを気づかせるために。

それを言ってくれるってことは、今後自分が世間の前で
恥をかかないためでもあるのです。

 

スポンサーリンク

叱ってばかりも、萎縮する。

私の場合は、叱られる方が多かったです。
ちょっとしたことでも、ギャンギャンヽ(`Д´)ノ
ウチの姉がそんな感じだったので、親しみどころか
恐くて近づけなかったな。

母も、厳しくて褒めることは…あったんだろうけど
数える程度だったかな…。

強く言われるので、「お母さんは(若しくは先生や上司は)
自分を愛してないのか?」と思われがちなんだけど
教えてくれる人が居るってことは、愛されている証拠でもあるのです。


だけどね、あまりにもヒステリック丸出しに
ギャンギャン怒鳴るばかりでは、愛は感じません。
そんなに怒ったら、虐待になるからと思ってませんか?

 

日本人がダメになった理由は、そこにもある?

あくまでも私の見解なので、一般的な意見ではないことを
言っておきます。

biz-journal.jp

こういう記事も、見つけました。
私のように、スパルタ教育で育った者はそこから
間違いを正すことと、忍耐を学びました。

 

あまりにもキツイ物の言い方に、泣いたことは沢山ありました。
相手を憎んだこともありました。

だけどね、何十年も経った今ではそれが無かったら
私はやっていいことと悪いことの区別がつかなかった。

「そんなの今時古い」って思われがちだけど
古いとかの問題でしょうか?

 

確かに下手したら、虐待になりうる場合もあるけど
叱って教育するのと、虐待は違います。

 

虐待は、子供に愛情を感じない行為。
叱るのは、子供に愛情が無くてはできません。

 

優しく褒めるのも大事だけど、褒めるだけでは
厳しい事実を理解出来ないし、そこを乗り越える力さえも
養われない。

 

その意味を、「言われたことでしか理解できなくなってきた」
「相手の言うことを聞くことが出来ない」っていうのは
親とか、大人からそういうことを躾けられてないからなんです。

 

きちんと、相手の言うことに耳を傾ける
相手の言う意味は、どういうものか?

 

それらが、昨今の私たちに欠けているってことに気付かないと
いけないわけです。

 

日本人が段々と、劣化してきた理由は
そこにあるのでは?と、私は感じてます。


こんなことを書いてますが、私も人のことは言えないんですよ(;^ω^)
たまに、とんでもないことやらかすから。(ノ∀`)アチャー

 

スポンサーリンク

締め。

というわけで、今日は叱るということを書きました。

時には、叱ることも必要だってことを書きました。
親子は、友達ではないからね。

後で、何故叱ったかを説明してフォローしておくと
いいかも知れませんね。