ババブロⅡ

ババァのブログだから、略して「ババブロ」。メインブログは、音楽に特化。こちらは、日々思うことなどの備忘録です。

スポンサーリンク

ショックで本当に悲しい時は、涙が出ない。

f:id:scene45:20190920203335p:plain

…って、↑泣いているイラストを貼りつけている件。
ここんとこ、仕事が忙しいので中々更新が出来ません。
前のブログにて、こんな内容を書きましたという
ことを思い出して書きます。

自分の経験です。

 

ここ4~5年ほど、人が亡くなっているので。

この歳になりますと、私の父から始まって

好きな有名人や親戚など
何人も訃報を聞くことが増えました。

 

親しい人や、自分の好きな人が亡くなるって
どう表現したらいいのかな…悲しいって一言では
済まない感情がありますよね。

余りにもショックが大きすぎて、言葉にできない。

 

父が亡くなった時のこと。

父が亡くなった時も、そうでした。もう6年前の話です。

覚悟はしていたけど、亡くなる瞬間を今でも覚えております。
お昼ご飯を食べた後に、母から「すぐに降りなさい!」と
ただ事ではないような声で、携帯電話で呼び出しがかかりました。

本当に、ドラマのあの臨終のようでした。
私は父の手を握っていたけど、臨終になり
段々と、父の手の温もりが消えていき
手が冷たくなり、父が「遠くに行ってしまう」ような感覚でした。

f:id:scene45:20190920213110p:plain

その直後は、悲しんでる暇などないわけで
霊安室に運ばれて、そのまま葬儀屋に遺体が行って
通夜から葬儀の打ち合わせや、遺影の写真選び
そして、そのまま葬儀屋の部屋で一泊しました。

父の亡骸と共に。

一回、私は自宅に戻ってシャワーを浴びて
葬儀屋に戻ったけど、よく眠れなかったですね。
何があったのか、展開が早すぎて脳がついていけなかったから。

葬儀が終わっても、何日かしても
全く泣けなかったです。

 

帽子の扱いで知った、親の愛。

悲しいってよりも、あの当時は父に
十分な親孝行をしていれば良かった…という
後悔の気持ちが強かったかな。

私がプレゼントした、キャップ(父は野球帽とかが好きで
コレクションがあるほど)を、いつまでも被らずに
大事に飾っていた話を、母から聞かされたから。

それを聞いて、初めて号泣しました。
生前、ちょっと素気なかった気もするけど
不器用な父なので、当時は判らなかった。

初めて知った、父なりの愛情でした。
私は愛されていたんだなって。孤独感をたまに
感じる時は、それを思い出しますね。

スポンサーリンク

涙が出ない、再び…。

これは、興味が無い人だと正直引くかも知れませんね。

 

涙が全く出なかった時…再びその出来事がありました。
私の大好きなアーティストである、黒沢健一さんの訃報。

この時もねぇ…言葉が出ませんでした。
昼に、yahoo!のアプリでニュースを見て
頭の中が、真っ白になった覚えがあります。

f:id:scene45:20190920214224p:plain

昼休みが終わる寸前で知ったわけで
長年、彼を応援していてライブもL⇔Rの時代から
何度も遠征したり、握手会とかインストアイベントなども
遠征して行って、話をした思い出も沢山ありました。

 

情けないことに、その次の日は仕事を休んで
しまったけどね(;^ω^)

どうしても、仕事が出来る心の状態じゃなかったから。
本当は行かなきゃダメなんだろうけどね…社会人失格だな。

献花しに東京まで遠征もしてきたけど
その一年は、淡々と仕事をするのが精一杯だった気がする。

 

どう言えばいいのか、戸惑った。

その何か月か後になって、職場の人に
変な誤解を受けてしまったようで、結局は
部署の人らに説明する羽目に…(;^ω^)

あの時は、知ったらドン引きするだろうなって思ったから
あまり言わないでおこうと、必死だったんだけどね。

ブログの更新も、どう言葉に表そうか本当に
戸惑いました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

 

何故、涙が出なかったか。

  • 泣いている暇がなかった。
  • 悲しいとかよりも、事態が把握できてなかった。

この2つに尽きるんですよね…。

事態を理解出来なかったし、本当なのに
それを受け入れるのに脳がついて行ってない。

前のブログの時に、これについて
調べまくったことがありました。

グリーフケアと言って、(病気とか災害で)人が亡くなった時
遺族の心のサポートをする物があるということを
知ったんです。黒太文字をタップ↓

www.grief-care.org

グリーフ(悲嘆という意味です)…そういう
専門の知識を持ったアドバイザーの資格に一時期
興味を持ったけど、何たって特殊な感じだったので
断念したことがあります。

でも、今でも興味だけはありますね。

 

スポンサーリンク

締め。ギュッ。

この記事は、悲し過ぎて涙が全く出ない事態に陥った
私の経験話です。

これは、ショックを受けた当初の
本当に悲しんでいる自分の感情のことなので
一般的ではないことを言っておきます。

まぁ、その何か月…何年後かにようやく事態を理解して
反動で涙が止まらなかったです…
ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!

 

今でもね…忘れられません。

 

感情を表に中々表さない私だけど
この時は、流石にどうしようも無かった。

 

人が亡くなるって、その人が居ないって
やっぱり辛いです。辛いけど、言わずに
表では笑わないといけない時もあるし、人によっては
不愉快に思われるから、中々言いにくいものです。