ババブロⅡ

ババァのブログだから、略して「ババブロ」。メインブログは、音楽に特化。こちらは、日々思うことなどの備忘録です。

スポンサーリンク

【レビュー】騒音対策に…どれを使えばいい?耳栓、ノイズキャンセリングイヤホンetc…

f:id:scene45:20190726192055p:plain

結局、あれからノイズキャンセリングイヤホンを
買いました。amazonで。

耳栓のレビューも書いたけど、ノイズキャンセリングイヤホンの
レビューも書きますね。

 

bbablog.hateblo.jp

 ↑関連記事です。

 

 

今回買ったイヤホン。

f:id:scene45:20190831120556j:plain

いつも思うけど…amazonで注文して届くと、箱が大きすぎるw

中身は、手に乗るくらい小さいんだけど…

f:id:scene45:20190831120744j:plain

壊れないようにするためとは言え…(;^ω^)
今回は、近くの家電量販店にはこれが無かったんです。

今は、ノイキャンって言ったらBOSEソニーのワイヤレスが
多いね。有線は、ソニーのしか無かった。iPhone用にパイオニアから
発売されているのもありましたけどね。
勿論、値段が高い方が性能がいいんだろうけどね。

しかし、ソニーのはウォークマンスマホ専用のしか
売ってない。これら、スマホウォークマンで聴くのを
前提にしているっぽいし、私が使っている安いラジカセに
Bluetoothとかついてないんだわ。

家で、騒音対策と音楽に集中して聴くためなら
有線でもいいやってことで、このTaoTronicsのイヤホンにしました。

しかも、これは単独で使えるのがいい。

 

スポンサーリンク

ノイキャン初心者向け?

まず、耳栓との違い。耳栓は、音を塞ぐためにあるけど
ノイズキャンセリングイヤホンやヘッドホンは
ノイズである程度、騒音を打ち消す。

簡単に言えば、音を塞ぐのではなくて
騒音に騒音をぶつけて相殺する働きをする
イヤホンorヘッドホンなんですね。

マイクが搭載されているようで、それで
音を拾うようです。

音楽を聴いてない時は、ある程度ノイズが聞えます。

 

値段も求めやすいので、初心者向けではあります。
因みに、5000円あれば買えます。

普通のイヤホンとの違い。

因みに、普通のイヤホンも私は持ってます。
違いが明らかに判ります。

 

普通のイヤホンだと、音楽を聴いても外部の音が
はっきり聞こえるのですが、ノイキャンだと
車が通る音とかは聞えるんだけど、普通のに比べて
音が小さい程度ですね。

f:id:scene45:20190831124339p:plain

だけどね、上階の住人のうるさい足音には見事に効きました。
低音をキャンセリングするのは、得意なようです。
これは、嬉しかった(∩´∀`)∩ワーイ

 

ただし、耳栓と同じ点が一つ。

自分の生活音とかは、聞えます。
これは、耳栓していた当時でも同じでした。
換気扇の音は聞こえないんだけど、自分が近くで
水を出す音とか、片付けをする音などは聞えます。

 

これはね、聞えなくちゃ困ることがあるので
聞えた方がいいと思います。


ノイズキャンセリングなので…

普通のと比べて、これも違う点。
有線で、単独使用も出来るTaoTronicsのイヤホンですが
ノイキャンの機能を使うとなると、充電が必要なのです。

充電用のケーブルは箱に入っているので、あとは
アダプターにUSBポート(差し込み穴)が付いていれば
充電できます。

スマホ持ちの人なら、スマホ用のアダプター使ってもできます。
勿論、飛行機で使用する際にも変換アダプターが入ってます。

 

あと、耳穴にフィットさせるためにもイヤホンチップでも
大きいのと、小さいのが入っているので
すぐ外れる際には、付け替えて自分の耳穴に合せましょう。

f:id:scene45:20190831192308j:plain

イヤホンチップが判らない人に↑画像で説明。
実は、私もこの度知ったわけで(;^ω^)
これを付け替えられるということも知りました…。

因みに、私は耳穴が小さいので小さいのにしてます。

 

スポンサーリンク

騒音対策に向いているのは?

これは、その人によるんだけど
音楽に集中したい人は、ノイズキャンセリングイヤホン。
若しくは、ノイズキャンセリングヘッドホンが向いてます。

私は音楽やラジオをよく聞くので、ノイキャン向けでした。

 

寝るときとか、完全ではないけど
音を軽減したいなら、耳栓が向いていると思います。
寝る時に耳栓つけても、足音は振動で伝わります。
ノイキャンでも、伝わります。振動でね。

 

番外編。こんなのもあります。

また、こんな商品もあるようですね。
アメリカは、騒音対策のグッズが充実してますね。

www.sankeibiz.jp

 

「ホワイトノイズとは、何ぞや?」という貴方に。

ホワイトノイズ (White noise)とは、ノイズの分類で、
パワースペクトルで見ると対象となるそれなりに広い範囲で
同程度の強度となっているノイズを指す。

「ホワイト」とは、可視領域の広い範囲をまんべんな
く含んだ光が白色であることから来ている形容である。

 

ホワイトノイズ - Wikipediaより引用。

騒音に騒音をぶつけて相殺させて、気にならないようにする
ということですね。

アメリカのマーパック社の「Sleep me」という商品。
これ、ググッたけどamazonyahoo!ショッピング楽天市場
普通に販売してました。6000~7000円で。

marpac.jp

↑これは、日本の公式サイトです。赤ちゃんの胎内に居る時の
音みたいな感じなので、安心して眠れる用に作られたようですね。

締め。ギュッ。

この記事は、主にノイズキャンセリングイヤホンのレビューを
書いてますが、そのほか耳栓とどう違うのか?
普通のイヤホンと、どう違うのか?

そして、他にもこんな騒音対策グッズがありますってことを
紹介いたしました。

これらを使って、上手に騒音と付き合っていきたいものです。

お求めは…

TaoTronics 有線イヤホン ノイズ キャンセリングで検索。
因みに、メインブログでも宣伝中。↓

scene45.hatenablog.com